薬剤師とその仕事

 病気の治療や健康の維持のために、薬は私たちの生活に欠かすことのできないものになっています。
病気やけがで病院にかかって薬をもらったり、具合が悪いときに町の薬局・薬店で薬を買ったことがあると思います。この薬が製薬メーカーで作られ、医療機関や薬局等を経由して私たちの手元に届くまでのすべての過程で、薬学を基礎とした専門的な立場から関与しているのが薬剤師なのです。

 薬剤師の任務は、薬剤師法第1条に『薬剤師は、調剤、医薬品の供給その他薬事衛生をつかさどることによって、公衆衛生の向上及び増進に寄与し、もって国民の健康な生活を確保するものとする』と規定されています。

① 処方せんによる調剤を行います。

 薬局薬剤師は医薬品の販売や院外処方せんによる調剤を行っています。
 薬剤師は薬をお渡しするときに、用法用量、相互作用、副作用のなどのチェックを行い安全に使用されるよう調剤し、また薬の名前や効果、飲むときの注意などをお知らせするとともに、患者さんの薬の服用歴を記録しています。
  また、寝たきりのお年寄りなど在宅患者の家を訪問し服薬指導等を行う在宅医療業務も行っています。
 病院薬剤師は入院患者さんや外来患者さんへの調剤業務と、調剤した薬の説明を行っています。
 また、医薬品の管理や解析、医師・看護婦への医薬品に関する情報提供等を行っています。

② 薬局等で一般薬の相談や販売にあたります。

 薬局とは薬剤師が処方せんによる調剤を行い、薬の正しい使い方を説明し、一般薬や介護用品、衛生用品等の販売を行うところです。また、健康や薬などに関する相談に応じております。

③ 医薬品の製造にあたります。

 医薬品の研究開発や医薬品の品質管理を行います。

④ 医薬品の情報を医療機関に伝えます。

 医薬品を正しく安全に使用するために、病院や薬局への情報の提供や収集を行っています。

⑤ 行政等で医療機関等の指導にあたります。

 医薬品の製造や輸入の許可、製造や流通の指導、医療機関、薬局や国民への情報提供や収集などを行っています。
 また、食品や環境衛生などの試験検査、麻薬の取締りなども行っています。

⑥ 学校薬剤師として学校環境衛生の検査及び指導にあたります。

 学校環境衛生の充実を図るため、教室内の空気・照明、飲料水、プールの水質等の検査を行うほか、給食設備の衛生指導などを行っています。

⑦ 薬品の流通段階で適正な品質管理を行います。

 この他にも医薬品卸業者の管理薬剤師は医療機関や薬局への情報提供を行っています。

 医薬品や食品等の試験検査や、研究機関、教育機関などあらゆる分野で薬剤師の職能をいかした活動をしています。

薬剤師になるには
 薬剤師になるには、薬剤師国家試験に合格しなければなりません。
受験資格は薬剤師法により6年制の大学で薬学に関する正規の課程を卒業した人に限定されていますので、薬学系の課程のある大学に入学することが必要となります。
 平成25年、薬学系の学科を設置している大学は全国で78あります。また薬剤師国家試験は、毎年3月末に実施され、25年3月に実施された国家試験の合格者は8,929人で、合格率は79.10%でした。